ラグナロク、ガンスリンガーのお話。

日記・雑談
04 /12 2007
今日は少し前からラグナロクで育てていたガンスリンガーのお話です。私が育てているキャラはガンスリの中のガトリングメイン、サブウェポンがハンドガンというタイプなのですけど、このタイプは情報BBSとかを見ても結構ボロボロに言われておりました。

それでも私はガンスリの中で最も発射速度が速いとの話を聞き延々育てていて、ようやくベースレベルが55になり、低レベルガトリングガンの「ドリフター」を装備可能に。

ちなみに現在のキャラを大まかに言うとAGIが素で40程度、DEXが素で70程度、ウサ耳、プパロングコート、ソヒー靴という感じの装備です。

さて念願のガトリングを持ち勢いよくジオグラファーの元へ試し撃ちに出かけた訳なんですけども・・・・・、何でこのタイプの評判が宜しくないか身をもって理解しましたわ。

今まで使っていた+6のサイクロンライフルで1発の与ダメが凡そ150↑位だったのが、+6のドリフターだと80↑程度、一応ガトリングガン用の攻撃力上昇スキルの「ガトリングフィーバー」を使うと180近くまでダメージは上がるのだが、それを使うと移動速度が「商人のプッシュカートレベル1」程度まで下がるのである。

これは本当にPTだと完全固定狩りにして、その場で固定砲台としてしか活躍するのは無理だろうねぇ、そしてソロだとどう考えてもライフルを持って狩りをする方がマトモという感じがしました。

まぁ、アレです、出来て気に入らないからってキャラを消すような事はしないけど、他所の鯖で作ってしまった「完全盾型VITクルセ」並みにマゾなキャラになってしまったかも知れないなぁというのが正直な感想です。それでもちまちまとは育てて行くけどねぇ~。
それでは今日はこの辺にて~。

コメント

非公開コメント

トラックバック

ラグナロク

ラグナロク----ラグナロク (Ragnar?)は北欧神話の世界の終末の日のことである。古ノルド語で「偉大なる神々の運命」を意味する。アイスランドの詩人スノリ・スチュールルソンの新エッダではラグナレック (Ragnar?kr)『偉大なる神々の暗闇』と呼ばれる。リ

東雲 三笠

東雲 三笠・のんびり日記。